2009年04月07日

久しぶりのお散歩

日曜は、退院後初めてかかりつけの病院へ行ってきました。

先生方は笑顔で迎えて下さいましたわーい(嬉しい顔)

手術後のレントゲン写真に、
”上手いことしてますね〜、流石です〜”
と感心されてました。

私には、どこらへんが上手いことなのか全くわかりませんでしたが(笑)、
流石な手術をして下さった病院を紹介していただいたことにひたすら感謝ですハートたち(複数ハート)


体重は2.3キロ。
少し増えました犬(笑)


血液検査の結果を聞く時はいつもドキドキなのですが、
標準値でしたわーい(嬉しい顔)

お薬は、減らす方向で。
最終的には飲まなくて良くなるように、ということでしたわーい(嬉しい顔)

この病気が発覚した時もそうだったのですが、
ここの院長先生は、飼い主の私が前向きになれる言葉を掛けて下さいます。

”門脈シャントは治せる時代です”

その言葉通り、らんは完治に向かって頑張ってますぴかぴか(新しい)


桜桜桜桜桜



体調にも問題なく、今まで通りの生活をしても良いということで、
久しぶりにお散歩に連れて行ってもらいました。


2SN3J0015.JPG


手術前から行ってないので、ほぼ1ヶ月ぶりでしょうか?



3SN3J0019.JPG



桜咲くこの季節のお散歩は初めてです。



3SN3J0030.JPG



一歩一歩踏みしめるように(?)トコトコトコトコ



6SN3J0024.JPG



ピンクがリードを持ちながら、らんちゃんと2人の散歩だったので、
らんちゃんのお顔は撮れてませんがあせあせ(飛び散る汗)



6SN3J0024.JPG


この写真は全部、私と一緒に機種変した○uの携帯から撮ったものなんですよ。

ショー・サクライ、なかなかやるでしょ手(グー)(←それは違うと思います)


5SN3J0023.JPG




最後まで読んで下さってありがとうございます。

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

















ニックネーム らんママ at 22:40| Comment(3) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

初公開

手術の後、傷口を舐めないようにと
傷口を被っていたお洋服をやっと脱ぐことが出来ました。



これで見納め顔(笑)



1SN3J000100010001.jpg



もうシャンプーもOKなので、
お花見がてら、近場にお散歩に行きたかったのですが、
今日はあいにくの雨模様雨ザンネン〜。



これはバッド(下向き矢印)先日の晴天の日に、
機種変更した携帯から撮ったサクラです桜



1SN3J0002.jpg




何処にも行けず、
家の中で遊んでいたらんちゃん。

ヘソ天で、傷口がよく見えます。

”ちょっと見せて〜”

と、カメラを構えると、嫌がるらんちゃんですが・・・


1IMG_1559.jpg




初公開


らんちゃんの手術跡


IMG_1557.JPG



肝臓の機能が弱く、タンパクの産生が少ないので、
傷口の治りが遅いと言われていたのですが、
大分キレイになってきました〜犬(笑)

もう少しすると、ほとんど目立たなくなるかも〜?


これなら、ビキニもオッケーかな顔(ペロッ)



にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村




ニックネーム らんママ at 22:33| Comment(5) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

順調です

先週の土曜日は、病院へ行ってきました。

退院から1週間、抜糸と血液検査の為です。 

まずは、”アンモニアを調べましょう”ということで、
採血です注射

私達は一旦診察室から出て行くのかと思いきや、
”ちょっと首持っててください〜”と言われ、恐る恐る採血の補助あせあせ(飛び散る汗)


何回もの採血に耐えてきたらんちゃんの前足は、
こんな風バッド(下向き矢印)にフライドチキンみたく刈られていますたらーっ(汗)


3IMG_1545.jpg


普段から、ほとんど吠えないらんちゃんなので、
採血の間もじっとおとなしくしてましたわーい(嬉しい顔)


次は、抜糸。

私がらんちゃんを羽交い絞めにし顔(笑)
先生がチョキチョキチョキとはさみ

怖かったと思うけど、この間もおとなしくしてくれましたわーい(嬉しい顔)


お洋服も新調していただきました犬(笑)


4IMG_1538.jpg


傷口を舐めるといけないので、
今週末までは着せておきます。



らんちゃんのレントゲン写真初公開るんるん


2IMG_1536.jpg


左が術前。

右が術後です。


門脈から肝臓を通らず、直接静脈に流入するシャント血管を
閉鎖する手術を受けました。

大きく写っているのが、シャントに装着されたリングです。

このリングは、数日かけて徐々に膨張し血管を圧迫して行くので、
術後、高血圧症になることを防ぐ利点があるそうです。


その後も確実にシャントが閉鎖されているかは血液検査で確認です。

体に有害な物質アンモニア。
 
犬の血中アンモニア正常値は15〜82ですが、
らんの手術前の値は、軽く300を超えていました。

いつ脳症等が出てもおかしくなかったそうです。


そしてもうひとつ、先生が気にされていたのがタンパクです。

らんちゃんは、シャントがあったので、
肝臓に十分な栄養が行き渡りませんでした。

そのため肝臓は小さく、機能も弱かったのです。
体に必要なタンパク量も少なく、手術直後は3.3でした。

(T−pro <血清総蛋白> 正常値 5.0〜8.0)

これ以上少ないと、腹水が溜まったり、
肝硬変になる危険性もあったらしいんです。


それが、今回の血液検査の結果では、


6IMG_1547.jpg


アンモニア  25

T−pro <血清総蛋白>  4.8


アンモニアはクリア犬(笑)

タンパクも標準に近づいています。


術後は良好ということで、
次回からは、かかりつけの病院で定期的な検査を受けることになりました。

月並みなお礼しか言えませんでしたが、
手術していただいた病院の先生方には、
らんの命だけでなく、私達家族の気持ちも救っていただきました。

本当にありがとうございました。

良い病院に巡り会えて、こんなに早くに手術していただけたことも
らんの運の強さなのでしょうねぴかぴか(新しい)




ありがとうございました犬(笑)

1IMG_1466.jpg


らんは順調に回復していまするんるんるんるんるんるん



にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村


ニックネーム らんママ at 22:47| Comment(3) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

嵐(らん)が春の嵐を巻き起こす

らんは、避妊手術前に受けた検査で、門脈シャントの疑いがあることを発見されました。


※門脈体循環シャント(門脈シャント)
通常、腸管からたくさんの栄養素を含んだ血液は、門脈という血管を通って肝臓へ流入します。
肝臓は、この栄養素を代謝したり、有害物質を無毒化します。
しかし、門脈と静脈の間を繋ぐ余分なシャント(近道)血管が存在すると、
肝臓で無毒化されるべき有害物質が全身を回り様々な症状を引き起こします。
また、肝臓自体の成長、維持ができません。




そして、その後のCT検査にて確定診断されました。 

らんの病状は、体が手術に耐えられるかどうかの深刻な状態でした。
困難を要する手術になるということでした。

CT検査は全身麻酔で行われましたが、
らんは肝臓が小さく、働きも弱いので、解毒もスムーズにはいきませんでした。
らんにとって、全身麻酔は危険なものでした。


今だから言えるのですが、
CT検査後の夜、突然首を仰け反らせてパタッと倒れて動かなくなりました。
名前を呼び続けても、無反応でした。
私はらんがどうなったのかもわからず、最悪なことが起こったのかとバタバタしていた数十秒後、
らんはキョトンとした顔でこちらを見ていました。



検査の為病院へ向う車中にて


1IMG_0363.jpg



手術には前向きだった私ですが、この検査の後、迷いが生じました。

1才の誕生日を迎えることの困難さを痛切に感じました。
どうしてあげることが、らんにとって最良の方法なのかわからなくなっていました。

そんな時、病院からひとつの朗報がありました。
検査の後、更に詳しくCTの画像解析した結果、
2本あるとされていたシャント血管が、最終的には1本に繋がっていたと。
つまり、1本の血管を塞ぐ手術になるので、
外科手術的には見通しがつくというお話でした。

追い風が吹いた気がしました。
家族にも励まされ、手術への決断をすることができました。

術中、術後、持ち堪えてくれるかが大変心配なところでしたが、
絶対に元気になって帰って来てくれると信じてました。

らんはこの病気を治すためにうちの子になったのですからぴかぴか(新しい)





あれから10日が経ちました




91IMG_0428.JPG




らんは元気な姿で我が家に帰ってきてくれましたぴかぴか(新しい)



退院後の車中にて

1IMG_0383.jpg



帰宅直後 暴れまわるらん顔(え〜ん)

5IMG_0389.jpg




前足の注射の後が痛々しいんですが、食欲はバッチリグッド(上向き矢印)

台所の入り口に取り付けた柵に手を掛け、
いつものご飯を待つポーズ〜犬(足)

7IMG_0411.jpg




私達はケーキでお祝いです

8IMG_0417.jpg




病気が発見されてから今日まで、ひと月ちょっとしか経っていないのですが、
私にとってはとっても長い期間だったような気がします。


生死を賭けた手術、痛い検査、10日間の入院生活・・・。
らんは頑張ってくれました。

治療に関わって下さった先生方には心から感謝しています。




91IMG_0428.JPG



そして、このブログを通じてらんのことをご心配下さった方、
いつも温かいコメントを下さる方、
このブログの存在はしらないけど、らんのことを気にかけて下さっている方(笑)、
今回の件では大変ご心配お掛けしました。
皆さんのお気持ちがらんに届きここまで回復できました〜わーい(嬉しい顔)
本当にありがとうございました。



911IMG_0428.JPG


まだまだ治療は続きますが、
元気に回復するらんの日々を綴って行きたいと思います。

今後ともどうぞ宜しくお願いします黒ハート



にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村












ニックネーム らんママ at 17:20| Comment(7) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

らんちゃんを待ーってる♪

日曜日は面会に行ってきました。

術後4日目。
血中のアンモニア値は下がっているとのこと。

まだまだ課題はありますが、この病気の術後としては、
良好ということですわーい(嬉しい顔)

ドッグフードでも、手作り食でも何でもOKならんちゃんは、
病院でも好き嫌いせず、ご飯を食べているとのことで安心しました。

毎日ケージの中でも落ち着いて過ごしているらしく、
人懐っこく優しい性格なんでね〜、と先生に褒めていただき、
とても嬉しかった私です顔(笑)

らんちゃんがパパによじ登って、”抱っこ〜”っと訴えてきたので、
私達は心を鬼にして、早めに退散〜。
この日は5分くらいの面会となりました。

もう少し続く入院生活。
良い入院患者さんでいてもらわなければいけないのでね〜。

もう少しの辛抱です。



かわいいかわいいかわいい



ピンクが手編みの本を買ってきました〜。


らんちゃんにポンチョを編んであげるそうです。


もう春だというのに何故にニット?


だとか、


らんちゃんはお腹の手術をしているので、
お腹を被わなくてはいけないのに、


何故に背中を被うポンチョ?


という疑問は置いといて・・・




IMG_0366.JPG



着丈は長〜く、長〜く。


「らんちゃんの胴の長さを見くびるなっ!」


私の厳しい指導のもと、ピンク作ポンチョは出来上がりつつありますわーい(嬉しい顔)




にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村







ニックネーム らんママ at 21:26| Comment(4) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

術後のらんちゃん

らんちゃんの容態が安定している時は、連絡がない、

ということで、連絡のあった時は良くない知らせ。



時折鳴る電話のベルに寿命の縮まる思いをしている私です顔(笑)



昨日は、学校がお休みだった娘2人がらんの面会に行ってきました。



私は午前中のみ仕事だったので、
面会帰りの娘達と京都駅で待ち合わせし、
ランチを食べながら、病院での一部始終を聞きましたわーい(嬉しい顔)



病院までは、車だと、高速を走って30分位で着くのですが、

娘達は電車に乗って小旅行電車

駅から徒歩15分位のところ、道に迷って40分近く歩いたそうです顔(え〜ん)

そして病院で待つこと1時間、


(この病院は面会も診察時間内に、外来患者さんに混じって
順番を待ち、診察室での面会となります)


ようやく面会まで辿り着けたそうです。




待ち時間込みの往復3時間もかけて、
10分だけ会えたことを強調する娘顔(え〜ん)


”どこのスター?”と、私顔(ペロッ)




先生に連れられてきたらんちゃんは、体はガーゼで巻かれ、
首にはカラーが付けられていて、触る場所がないくらいだったそうですが、
目には勢いも戻り、元気そうだったとのこと。


今のところ、順調だそうです。


ご飯もよく食べているとのことで、
(私が思うにがっついている)
入院二日目にして、
先生には食いしん坊らんちゃんなことを見抜かれていたようです顔(笑)


”お腹減ったな〜?”と、らんちゃんの顔を覗き込む先生の顔を
ペロッと舐めるらんちゃん。


娘達は、らんちゃんと先生の信頼関係が結ばれつつあるその光景を目にして、


”らんちゃんな〜、お姉ちゃんよりお兄さんがいいし、
ここにいるわ〜”


なんて言い出すんじゃないかと不安になったそうです顔(笑)




今は無事に手術を終えたというだけで、
まだまだクリアしないといけない問題が山積していますが、
生死を賭けた手術を乗り越えてくれたらんちゃん、
そんな問題もひとつずつ乗り越えてくれると信じてます。



明日は私も面会に行ってきます〜。




rrr090310_2310~03 (2).jpg





にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村






ニックネーム らんママ at 18:40| Comment(7) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

らんは頑張りました〜

昨日は手術の日。

らんが、11ヶ月になった日でもありました。

私は仕事をお休みし、期末テスト中のピンクを除く家族3人で、
午前中に病院に連れて行きました。


まず手術の説明を受けました。

私が先生に、先日の検査後の容態があまり良くなかったことを告げると、
その通りで、今のらんの体は、深刻な状態だとおっしゃいました。

そして、先生がおっしゃるには、

”前回の検査時の麻酔は、手術時の麻酔のテストでもあった。
前回は、30分の検査であの状態。
今回の手術は2時間かかります、
その上、今回は開腹しての手術となります。
その間、体が持つかどうかが深刻なところです。
ギリギリの状態の手術になると思います。”

と、いうことでした。


そんなギリギリの状態で、手術していただけることを幸いに感じ、



「どうぞ宜しくお願いします。」


と、私達は先生にらんを託し、病院を後にしました。



手術は2時からということでしたが、
数十分遅れて、「今から手術に入ります。」
と、先生から連絡が入りました。




1IMG_1367.jpg




らんのお友達のムーミンの首には、
グリーンのお友達が、らんの為にもらってきてくれたお守りがかかっていました。



私も娘も落ち着かないながら、様々に時が過ぎるのを待っていました。



先生からは、手術が終わり、麻酔が覚めた頃に連絡いただくことになっていたので、
4〜5時間後の18時〜19時以降かな〜?と、思っていました。

ところが、17時前に電話が鳴りました。

こんな早い時間の電話は、手術中に何かあったのかもしれない・・・。


恐る恐る受話器を取ると、


「らんちゃんの手術、無事終わりました。
今は麻酔が覚めてきて、立ち上がっています。」


「あ・・・、ありがとうございます〜」


肩の力が抜けました〜。


ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)


面会させていただけるということなので、
夜に会いに行ってきました車(セダン)

らんの体は、大きなガーゼで1周巻かれ、
背中は包帯のリボンで数箇所止められていました。

診察台に乗せられたらんの体重は2キロしかありませんでしたが、
しっかり4本の足で立っていて、
私達にシッポを振って歓迎してくれました。


手術直後の経過は良い方だそうです。
肝臓の機能は弱いですが、
若いから、他の臓器がしっかりしてここまで回復しているんでしょう、
と言うことでした。


術後4日間は目が放せない状態で、
その後も慎重に経過を見て下さるということです。



今日は仕事で面会に行けなかったのですが、
何かあれば連絡下さることになっているので、
連絡の無いことが良い知らせわーい(嬉しい顔)

いっそのこと電話線切ろうか?と思ってるくらいです(笑)。



今日も無事でありますようにぴかぴか(新しい)



1IMG_1367.jpg



にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村






ニックネーム らんママ at 18:51| Comment(4) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

今日は重い記事なので

私は、らんの成長記録として楽しい記事を書きたい、
と思いこのブログを始めました。

なので、今日の記事は書こうか書くまいか悩みました。

でも、成長の記録として、今回の病気発覚のことも綴ってきました。

CTの結果を気にして下さってる方もいらっしゃいます。

いつも本当にありがとうございます。



今日の結果を報告しますね。




本日、CT検査を終えました。


今日は、医学的なことを調べて書く気力がないので、
今の私が説明できる範囲で書きます。

もしかすると、多少の間違いがあるかもしれないことを
お許し下さい。

診断の結果は、やはり門脈シャントでした。

体中の様々な臓器から門脈という血管を通って肝臓へ運ばれるのですが、
先天的な異常で特別な血管が、肝臓を通らずに静脈へ運ぶのです。
なので、体中を有害物質が回ります。

門脈シャントだということは、覚悟していました。

ただ、シャント血管が1本であることを願っていたのです。

1本だと、術後かなりの確立で完治されているワンちゃんがいるそうです。

今回の検査でわかったことは、らんちゃんの場合、脾臓から肝臓を通らない血管(あるはずのない異常な血管)が2本出ていたということです。


2本の太い血管となると、
手術は困難になる。
手術を望むなら、術中、術後の死も覚悟しなくちゃいけないそうです。
もし、手術が成功しても、またシャントを作る可能性もあると・・・。

今は元気なのだから、この子の背負った運命とし、手術は見送るとなると、
極近い将来には脳症を起こし、余命は1〜2年ということでした。


私と娘はショックのあまり貧血を起こしてしまいました。

途中から、話は半分くらいしか聞けませんでした。
主人がいてくれて良かったです。


即決するのは無理でしょうから後日お返事下さい、ということでしたが、私たち家族は治る可能性があるのならと、手術を希望しました。

先生方で再度画像解析、手術の段取りを決めてから、
連絡を下さるということで、数日中に手術ということになりそうです。

唯一の望みは、こんな難しい症例も、以前手術に成功し、
2年たった今も元気にしているワンちゃんがいるとのこと。

先生方の技術と、らんちゃんの運の強さ、生命力に頼るしかありません。

らんちゃんは、まだ完全には麻酔から覚めてなくて、
隣でウトウトしています。

今日の私はメソメソしてて、傍に寄ってくれません。

頼りない母です。



今日は暗い記事でごめんなさい。








ニックネーム らんママ at 23:30| Comment(3) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

切れないケーキ

先日、仕事から帰ってくると、グリーンがケーキを作ったとの話。

グリーンは小さい時から洋菓子が好きじゃなく、

最近オトナの付き合いで(?)ケーキを食べるようになったものの、

ケーキ作りは初めてバースデー


「じゃあ、切ってバースデー」と、私。

「ムリムリムリムリexclamation」と、グリーン。

「何で〜?あ、カチカチに仕上がったとか?」

「違う。」

「わかった!ボロボロになってしまって原型がない、とか?」

「違う。あれはムリ。切ることはムリ。」

「なんで〜exclamation&question切ってよ〜。」

「見ればわかるけど、あれは誰にも切れへんと思う。」


もったいぶってなかなか切ってくれないので、

自分で冷蔵庫の中のケーキを見に行きました。



「これは切れへんわーーーーっ!!」

「やろっわーい(嬉しい顔)


グリーンの作ったケーキには・・・・・




1IMG_1356.jpg



らんちゃんの顔が黒ハート


(らんちゃんのらんは”走る”の”RUN”から取ったのでRUNと書いてます。

因みに漢字では”嵐”世界中に嵐を巻き起こします・笑)



グリーンがいつも描いてる似顔絵なんですよバッド(下向き矢印)


2IMG_1371.jpg



”らんちゃんのケーキやで〜”

らんちゃんに見せてあげました。


3IMG_1362.jpg


上手な出来じゃないけれど、

お姉ちゃんが初めて作ったケーキなので、大目ににみてあげてね〜。



バースデーバースデーバースデー




昨日はシャンプーしました〜。



1IMG_1374.jpg



しばらくシャンプー出来ないかもしれないからです。

先週の日曜日、食前食後の血中アンモニア値、胆汁酸の検査をしました。

その結果はやはり、今元気なのが信じられないくらいの異常値。

精密検査をした方がいいということで、

CTやMR検査の後、手術に移行できる病院を紹介してもらいました。

家から車で高速を走って40分ほどで行ける

お隣の滋賀県の病院です。


明日、らんちゃんを絶食させ、朝一番で行って来ようと思います。

全身麻酔のもと、造影剤を投与してのCTもしくはMR撮影になるはずです。

ここで確定診断され、手術できる状態にあるなら
数日中に手術ということになりそうです。


わたしはらんちゃんに、この先10年15年と長生きしてもらいたいので、
手術をしないという選択肢はありません。

らんちゃんは、甘えたさんで、病院はイヤイヤ犬(泣)と言ってますが、

手術して治そうね〜と言い聞かせてます(笑)。

全ては明日の結果次第・・・。

手術できる状態であって欲しい、

手術すれば完治できる状態であって欲しいと、

心からそう願っています。










ニックネーム らんママ at 15:54| Comment(3) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

欲し過ぎる〜

らんちゃんは6ヶ月くらいまで、フンが緩かったり、
フードを変えた途端に元気がなくなったことがあるので、
ご飯は1日量を3回に分けて与えてました。

最近は、お腹の調子は良好なのですが、
らんちゃんの大好きなご飯の回数を減らせなくて、
やっぱりご飯は3回でした顔(笑)



今回の血液検査では、血中のアンモニア値が高いとわかりました。
アンモニア値は食後グーンと上がります。
アンモニア値が異常に上昇すると、元気消失や痙攣等の症状が出るのだそうです。
幸い今は、何の症状もないのですが、
アンモニア値の急な上昇を抑える為に、
ご飯は1日量を3回〜4回に分けて与えています。

らんちゃんの大好きなご飯の回数が更に増えました〜顔(笑)


1日1回お薬も飲んでます。

昨日、夕飯に混ぜるのを忘れてしまったので、
夜にリンゴをあげました〜。

お薬をパラパラと振りかけたリンゴをお皿に入れると、
らんちゃん即完食です犬(笑)


らんちゃんはちょっとしか食べない(食べさせない)ので、
残りは人間がいただきます顔(笑)



何故からんちゃんを抱っこしながらリンゴを食べてるグリーン顔(え〜ん)


1IMG_1333.jpg




お姉ちゃんいいな・・・

らんちゃんもリンゴが欲しいな。

3IMG_1335.jpg




らんちゃんもリンゴが欲しい・・・リンゴが欲しい・・・


2IMG_1334.jpg




リンゴが欲しすぎる〜exclamation×2


3IMG_1335.jpg




リンゴが欲し過ぎるとどうなると思いますか?



5IMG_1337.jpg



画像ではわかりませんが、
我慢し過ぎてプルプル震えだしました〜あせあせ(飛び散る汗)


”らんちゃん、ごめんごめん〜、
ちょっとだけあげるな〜顔(笑)



いじわるなお姉ちゃんに
ちょっとだけリンゴを分けてもらってご満悦ならんちゃんでした〜。


4IMG_1338.jpg





にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村




ニックネーム らんママ at 19:20| Comment(2) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする